1. ホーム
  2. 個人向けインターネットバンキングを安全にご利用いただくために

個人向けインターネットバンキングを安全にご利用いただくために

2018.06.29

スパイウェアやフィッシング詐欺など、お客様のパスワード等の情報を盗み出し、不正な振込を行う犯罪が複数の金融機関で発生しております。 インターネットバンキングを安全にご利用いただくために、以下の点にご注意下さい。

セキュリティ対策ソフトの導入

セキュリティ対策ソフトをご利用いただくことで、スパイウェア・フィッシング・コンピュータウイルスなどの被害を防止することができます。

最新の修正プログラムの適用をお願いします

OSやブラウザは、最新の修正プログラムの適用をお願いします。最新版にされることにより、セキュリティが高くなります。

ワンタイムパスワードについて

セキュリティ対策として、「ワンタイムパスワード」をご利用ください。
ワンタイムパスワードの利用方法

各種パスワードの定期的な変更をお願いします

ログインパスワード・確認用パスワードは3ヶ月を目処に変更をしていただくようお勧めします。定期的な変更をしていただくことにより、リスクが大幅に軽減できると考えられます。

ソフトウェアキーボードのご利用をお願いします

パスワード等を入力するときは「ソフトウェアキーボード」をご利用いただきますようお願いいたします。

電子メールアドレスの登録確認をお願いします

お振込・お振替等のお取引の受付結果等がご登録のメールアドレスに送信されますのでご確認をお願いいたします。

前回ご利用日時のご確認をお願いします

ログインした際に前回ログイン日時が表示されますので、前回ご利用した日時と一致していることをご確認ください。

残高や入出金明細等の定期的なご確認をお願いします

登録口座の残高や入出金明細をこまめにご確認いただき、不審なお取引が認められた場合はすみやかにお取引店までご連絡ください。

ご利用限度額の見直しをお願いします

1日あたりの振込・振替限度額をお客様のご利用状況に合わせて適切なご利用限度額に設定をお願いいたします。なお、ご利用限度額の引き下げは即日反映、引き上げは翌日反映となりますのでご注意ください。

パスワードのお取扱いにご注意ください

ログインID・各種パスワードを厳重に管理し、他人に知られることのないよう十分にご注意願います。 また類推されやすいものはご利用をお避け下さい。当組合職員がこれらの内容をお尋ねすることはありません。また、個人向けインターネットバンキングログイン画面以外(当組合ホームページ内等)で、ログインID・各種パスワードの入力をお願いすることもありません。 お客様の大切な情報を守り安心してご利用いただくため、各種パスワード等は定期的に変更していただくようお願いいたします。 ログインID・各種パスワードを他人に知られてしまった場合は、すみやかにお取引店までご連絡ください。

不特定多数の方が利用するパソコンでは利用しないでください

インターネットカフェ等、「不特定多数の方が利用するパソコン」ではパスワードなどのお客様の重要な情報がパソコン上に残ってしまう恐れがあります。お客様の大切な情報を守るため、「不特定多数の方が利用するパソコン」でのご利用はお避け下さい。

ファイル交換ソフトは利用しないでください

個人向けインターネットバンキングを利用するパソコンでファイル交換ソフトを利用しないで下さい。ファイル交換ソフトの設定を誤ると、パソコン内の重要な情報が流出する恐れがあります。

個人向けインターネットバンキングのログイン画面のURLをご確認ください

URL http://www.parasol.anser.ne.jp/ib/index.do?PT=BS%26CCT0080=2820

「EV SSL証明書」のご利用について

当組合では、「EV SSL証明書」を導入し、セキュリティの強化を行っています。
Internet Explorer7.0以降をご利用されている場合、正当なウェブサイトであることを確認することが容易になります。

上記以外のバージョンのブラウザの場合はアドレスバーは緑色になりませんが、SSL暗号化通信は行われます。

インターネットバンキングのログイン画面で、以下の状態を確認してください。

  • アドレスバーが緑色に表示されていること
    ※アドレスバーが赤く表示された場合等は、正規のサイトではなくフィッシングサイトである可能性がありますので、ログインIDやログインパスワードの入力をしないでください。
  • SSLサーバ証明書を利用した通信であることを示す鍵マークが表示されていること
  • 運営組織名「NTT DATA CORPORATION」が表示されていること
  • 証明書を発行した認証組織名「VeriSign」が表示されていること
    ※③と④は交互に表示されます。

(金融機関コード:2820)

ページのトップへ